• ホーム
  • タダポックスと自己催眠で早漏をコントールするトレーニングを

タダポックスと自己催眠で早漏をコントールするトレーニングを

タダポックスを服用しながら自慰行為をすると興奮が抑えられるので、射精までの時間がかなり長くなりますが、もともと早漏の人にとっては正常な時間にすることができるので、短い時間で射精をすることにコンプレックスがある人の場合にはタダポックスを服用するとその効果を実感することができます。
自慰行為は自分で力を調節しながら射精をすることができるので、自分の思ったタイミングですることができるのですが、これに慣れてしまうとセックスの時に短時間で射精してしまったり、逆に長い時間かかる場合があります。
自己催眠は自分の言葉によって暗示をかけることで、興奮を抑えることができるので、興奮をしやすい人に対しては効果的な方法です。
しかし自己催眠は練習をする必要があるので、毎日20分程度リラックスをした状態で自分に興奮を抑える言葉を言い続けます。
この方法は実際に自律訓練法などにも取り入れられているので、しっかりと練習をすれば効果の高い方法であるとされています。
また自己催眠の場合はタダポックスのような薬に頼る必要がないので副作用などを心配しなくても済みます。
自慰行為は成人男性にとっては自然な欲求なので、射精障害や不安などによって行えなくなるのは精神衛生上良くありません。
タダポックスはセロトニンを正常な状態にするので、自慰行為のときに興奮を抑えるので普段よりも長い時間をかけて射精をすることができます。
またセックスにおいてもタダポックスや自己催眠は効果的で、不安を取り除くことで正常のセックスが行えるようになります。
タダポックスに関してはSSRIといううつ病治療やパニック障害の治療に処方されるものなので、医師の指導が必要な場合もあります。

関連記事
中折れのメカニズムと対策 2020年03月24日

男性は性的な刺激を受けると体内で一酸化窒素濃度が高まり血管が開きます。血管が開くと血流が促進され、さらに環状グアノシン一リン酸が血液中に放出されます。環状グアノシン一リン酸はペニスの平滑筋を緩める働きがあります。平滑筋が緩むと海綿体に血液が流れ込み勃起しやすくなるという仕組みです。中折れは何らかの原...

膣内射精障害の原因と早漏のリスクを防ぐタダポックス 2020年02月19日

自分のリズムで進められる自慰は可能だが、女性の体内で射精出来ない、そういった体調不良を、今では膣内射精障害と呼びます。専門用語が出来る程、実際に膣内射精障害で悩む男性がいるのです。膣内射精障害の原因は様々ですが、誤った自慰が背景にある事が多いです。陰茎と布団などに押しつけ、身体と床でペニス全体を圧迫...

脳の暴走での早漏の治療方法として最適なタダポックス 2020年01月23日

脳の暴走とはSEXの際に異常に興奮する状態です。過度の興奮がペニスを敏感にして、早く射精させてしまうのです。脳とペニスはつながっており、脳が快感と認識するとペニスが気持ちよくなる仕組みです。興奮状態が弱ければ、同じ相手と同じようにSEXをしていても快感は弱く感じられます。快感が弱いときは、ペニスでは...

タダポックスとAD式早漏克服術で早漏改善 2019年12月03日

男性の中にはEDで悩む人はいます。本人にとってはとても大きな問題で、パートナーとの関係が崩れてしまうだけでなく、実生活にも影響を及ぼしてしまう事も珍しくありません。そのまま放置しておけば自然に改善される事は少ないので、治し方を良く調べてそれらを試す事が重要です。EDと同様に悩んでいる人が多いのが早漏...

早漏治療薬を安心してネット通販をする方法 2019年11月15日

既に現代社会では、当たり前のショッピング方法となったのがネット通販サイトです。書籍や家電、日用品に食品、今では旅券や保険のサービスまでもネットを通じて購入・契約可能となりました。自宅や職場に居ながら、文字通り日本中のショップの品物を吟味出来ますので、時間や交通費が全く掛からず、それでいて自分が欲しい...